リフォームと建て替えの違い

リフォームと「建て替え」の違いについて紹介します。リフォームはお風呂を新しく改装したり、床の張り替えを行うような小規模な改装を意味します。家にとどまって、依然と同じように生活をしながら、工事を行うことができるというメリットがあります。一方で建て替えは、「家をリセットする」ことができる大規模な工事になります。同じ土地の家屋をゼロにして、一から新しい家を建てるのが、建て替えです。築50年の古い住宅に住んでいた人が、建て替えを行うことで、文字通り新築の家に住むことができるようになります。リフォームやリノベーションの場合は、見た目がきれいになり、工事次第では構造自体も補強することができます。ただし、「築年数は変わらない」というデメリットがあります。築50年の家と、新築の家では、売却したり人に貸すときに、印象が大きく違ってくるためです。このように売ったり、貸したりすることを考えた場合は、リフォームやリノベーションよりも、建て替えのほうが得をするということもあります。